はりまさ堂のブログ

ブログ

心因性腰痛もあります。

未分類
2018年11月30日

皆様 病は気からという言葉は
聞いたことございますか?

ストレスや精神的に疲れている時は
血流も悪ななります。実際には活性酸素
いう物が発生して酸化物質ヒドロキラジカル
が溜まります。これが病気や体が辛くなる原因
と言われております。

腰痛はどんな時に起こりやすいかというと
寝不足やストレスが溜まった時疲れている時にです。

腰痛
こんな時は活性酸素も溜まりやすく当然疲れている所
痛い所に停滞して行きます。腰痛なら腰にも当然そうです。

ストレスや心理的要因で
腰やお辛い時がある時

鍼灸治療では3つの事が同時にできます。

①痛みの治療ができます。

②辛い痛みにならない予防+体自体の底上げができます。

③体のエネルギー配分上手く活用できる
+リセットができます。

病院や整骨院では電気やお薬シップなどがありますが
鍼灸院では自然治癒力を高めるのでちょっとやそっと腰痛も

自分で治す事が出来る体になって行きます。
私が証拠です。月2回は風邪を引いておりまいたが

どんなに無理をしても風邪は引いたことないし
娘が隣でインフルエンザで寝てようが移りません。

腰もだるいだけで辛かったなんな痛みも今は出ません。
私も東洋医学という不思議な力に助けられております。

みなさんもちょっと辛いなーという時は
早めにハリ治療を受けてみて下さい。

お酒と細胞の死と腰痛の関係ついて

未分類
2018年11月16日

神田のさんこんにちは

整体と鍼灸の施術を東京駅隣のかんだ駅1分の所で

行っております 腰痛専門のはりまさ堂鍼灸院 院長の伊藤です。

 

皆さんお酒は飲みますか?私も結構飲みますね。ワインなら1本と焼酎2杯ぐらいでしょうか?今日はお酒について詳しく書きたいと思います。細胞の死(細胞性アポトーシス)って初めて聞くと思います。

何かというと細胞には決められたプログラムあり、ある一定期期間を過ぎるとDNAからRNAに情報が伝わり
細胞が死んで行き新しくなって行きます。これが細胞の死といわれるものです。
その機能が無いと体の全ては新生(新しく)できません。

例えば腰が痛い時に毎日お酒を毎日飲んだとします。肝臓は元々臓器の中で一番早く細胞の死をとげる所ですが
更に細胞の新生が加速します。お酒によりダメージが大きいと栄養やらエネルギーを沢山使います。なので腰の痛みがある時や調子が悪い時は肝臓の最終分解物質アセトアルデヒド(猛毒)をなるべく避けるようにした方が
良いですし治癒も早いです。

 

肝臓に負担が掛かりすぎてしまうと腰の修復は後回しになりますからね。

 

アセトアルデヒドは肝臓で最終的に水と二酸化炭素に分解さてます。量にもよりますが24時間以上かかると
言われております。これから忘年会の時期に入りますが体調が悪い時痛みが強い時はは少し控えめ目に
下くださいね。

お酒と細胞の入れ替わりの速さと
腰痛についてお話ししました。

ご質やご相談は
お気軽にメールくださいませ。

info@harimasado.com

冷えは万病(腰痛)

未分類
2018年10月31日

神田の皆様こんにちは

鍼灸と整体メインに行っております
腰痛専門はりまさ堂鍼灸院院長の伊藤です。

 

本日もためになる情報をお届けいたします♪

最近すっかり秋めいて各地で紅葉も楽しめます。こんな時期に夏のちょっと無理をしてしまった体が、秋になると
途端に風邪を引いたり調子が悪くなるなんてことよくあります。

夏に精力のあるうなぎを食べななったとかそんな問題でもないのです。夏の疲れが温存されて少し涼しくなった時期に出てしまうのです。秋になると神経に作用する坐骨神経痛やぎっくり腰も特に増えてきます。

 

腰痛

対処の仕方はお風呂に入り体を温めることです。それからツボは三陰交がお勧めです。
場所は、内くるぶしから上指4本を当てた所にお灸をします。

そうすると、血液の循環がとても良くなります。おためし下さいませ。

 

クリック↓

神田の腰痛専門整体鍼灸 はりまさ堂

 

次ページへ »