はりまさ堂のブログ

ブログ

腰痛ヘルニア 椎間板狭窄症 座骨神経痛の自宅ケア方法お教えします

未分類
2019年06月15日

小川町岩本町神田の皆様こんにちは

神田駅1分にあります腰痛専門の鍼灸院

はりまさ堂院長の伊藤です。

 

皆様朝起きた時
腰が痛い時まず初めに
何をしますか?

朝起きたら突然痛いぎっくり腰や

足のしびれがある座骨神経痛や歩くのが辛い

腰部脊柱管狭窄症狭窄症では間欠間歩行で途中休まないと歩かなかったり

腰部椎間板ヘルニアは長時間の座りや立ったり夜の寝返りなども辛かったりします。

このような重症な症状であっても
ケア方法を知っていると
知っていないでは大きくその後の痛みや毎日の痛みに
大きく変化してしまいます

当院でお勧めしているのは
柳井谷医師から教えてもらっている
体の流れを良くする体を伸ばす
ストレッチです

これとてもすごく良いです。

 

それから当院お勧めのお灸やツボ押しです
特に当院で重症な患者様には
あれだけ痛かったのがこれを
すると痛みや辛さがないと
とても評判です

お灸のツボも足元にやる
申脈というツボと地五会という
ツボになります

ググるとすぐにできるツボです
後は肘のツボですここは腰の流れが
悪いと特に反応が出やすいツボに
なります

右の腰が痛いなら左の曲池というツボを
押します。是非試して下さい。

押し方が分からない方や自宅での
ケアをしたい方はスターターケアセット
を販売しております 是非覚えてみて下さい

以上腰痛専門の鍼灸院

神田はりまさ堂院長の伊藤でした。

クリック↓

神田の腰痛専門整体鍼灸 はりまさ堂

腰痛の脊柱管狭窄症ではけん引は注意が必要ですよ

未分類
2019年05月30日

千代田区神田の皆様こんにちは。

腰痛専門に治療を行っております

はりまさ堂鍼灸院の院長の伊藤です。

 

当院に来る患者様の中で

当院にご来院される前に病院にて
リハビリを受けていました でも
余計に悪くなりました という話を

 

よく耳にします。一つは症状を見極めて
この人にはこの治療は合わないと分かっ
ていてもその方法しか治療する選択肢
無いことです

 

例えばけん引がその方法です
基本的に痛い場所は筋肉も伸ばさな
いように頑張っており、体のサインとしては
ここを治してくださいという痛みのサインを
出しております

 

けん引をすると例えば首から腰にベルトを付けて
引っ張ってとして一番伸びない所は痛い所やその付近は
落差が大きいので良く伸びます。なのでホントは伸ばしたい
ところは伸びずで余計に悪くなることもありますのです

 

座骨神経痛や腰痛の椎間板ヘルニアや
特に腰部脊柱管狭窄症などは骨と骨の
間が狭なり神経を圧迫する症状なので

良くなるならばその方法で良いと思いますが
けん引は注意が必要ですよ

まとめ
・痛みのある所は伸びにくい
・けん引は外の力で引っ張るので
その人に合った見極めが大事です

 

以上

神田腰痛専門の鍼灸院はりまさ堂院長の伊藤でした。

クリック↓

神田の腰痛専門整体鍼灸 はりまさ堂

 

腰痛の治癒が手遅れになら ないようにするには

未分類
2019年05月13日

千代田区神田の皆様こんにちは

鍼灸院で腰痛専門の施術を行っております

はりまさ堂の院長伊藤です。

 

皆様

様々な病気や体の不調もそうですが
最初から重症なった訳では
ありませんよね。

腰痛

病気はやはり心配だから定期検診を
受けたりします。先日患者様から
こんな話しお聞きしました。

すい臓がんで気が付いたら手術できないと
急性(進行性)の場合もありまが大抵は検診
をやっていればそんなに手遅れになることは
ありません。

患者様の知り合いは検診はおろか
病院嫌いでした。私も病院はあまり
好きではありませんが

 

ただ膵臓の場合がんはは他のがんに比べて症状
が無痛の場合が多いといわれておりこの辺が
手遅れになりやすい理由だったりもするみたいです。

 

 

では腰に痛みはどうでしょうか?やはり進行具合
という物があります。詳しくは当院の表をみながら

 

説明はしますが簡単にいうと疲れ→痛み→しびれ→麻痺
の順番です。それに日々の疲労具合や精神的な要因
長年クセなどがあります。

 

慢性腰痛症状だけではなくさまざまな腰痛症で
ぎっくり腰や座骨神経痛に腰部脊柱管狭窄症や
腰部ヘルニア症であっても一緒ともいえます。

 

早く治癒するにはどこの段階で見つけて良い治療が
受けれるかにかかっております。これが手遅れならない
第一歩です。

 

もう一つは、良くなっても定期健診は受けておいた方が
良いとおもいます。当院で2週間~1ヵ月程度体の
サポートを受けている人はあれだけ苦しかった症状は
ほぼ出ないし悪くなっていません。

 

自分にしかできない仕事も沢山あります。
でも体は1つしかないです。

 

月1回程度のの調整で皆様のより良い人生をサポート
出来たらと思います。治癒が手遅れになら
ないように定期検診はとっても大事ですよ。

以上

東京神田ある腰痛専門の鍼灸院

はりまさ堂の院長伊藤でした。

クリック↓

神田の腰痛専門整体鍼灸 はりまさ堂

 

次ページへ »