腰痛に必要な考えは?

皆さんこんにちは

神田にあります重症腰痛専門の鍼灸院

はりまさ堂院長の伊藤です。

 

今日は腰痛に必要な考えを書かせていただきます。

①痛みが出たらどうしたらよいか?

②何処に行ったらよくなるのか?

③治療院選びのポイント

④自宅ではどんな対処法をしたら治りが早いか?

⑤良くなったとの予防はどうしたらよいか?

腰痛

こんな疑問にお答えいたします。

まず①痛みが出たら自分でできる事を行います。ストレッチや暖めたりして痛みやしびれが取れるか

やってみます。

②それでも痛みが取れない場合は病院に行きます。それは腎臓とか痛い場合でも同じような痛みが出てしまうからです。もし同時に身体がだるいとか微熱があるとかの場合はそれを疑います。

病院は整形外科を受診してください。

③病院に行って腰部椎間板へルニアや腰部の脊柱管狭窄症や腰部の座骨神経痛と言われ痛み止めやシップ注射や後は手術(op-e)しか無いと言われたら一度当院に様な腰痛専門のはりまさ堂鍼灸院等もおすすめです!

痛みの原因は機能的な物原因(筋肉・神経・圧迫・体の癖)からくる物や精神的からくる物とか様々あります。両方とも診れるのが当院の特徴でもあります。

④自宅でどんなことをしたら治りが早いか?

基本的にはぎっくり腰とかの強い痛みがある時は冷やした方が痛みは着きます。

慢性的に痛みがあるものは時と場合によりますが暖めた方がより痛みが引きやすいと思います。

冷やす→神経の動きが鈍くなり痛みが消える

暖める→血流がよくなり滞留している痛みが流れる

その時の状況により冷やしたり暖めたりしてみてください。

⑤予防法は

治療院に行っている人は自分はどんな癖があって何処に気を付けたら良いかを先生に聞くと今後の痛みにとらわれずに生活ができると思います。

・ご自分の生活習慣を見直す。
・痛くなった時の対処法が分かっている
・相談できる治療院等を持っている

症状別の特徴

腰部坐骨神経痛
・腰部からお尻にかけてのが動きの制限が起こることによって痛みが発生して
梨状筋の筋肉が張り坐骨神経を圧迫をする。寝ている時のしびれや特に椅子から立って
い歩いたりするとにぶいしびれが発生することが多い

腰部椎間板ヘルニア症状
・神経分節上

当院へのアクセス情報

住所101-0035 東京都千代田区神田紺屋町28番地 紺屋ビル1F
予約予約制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6206-4233
駐車場近隣にコインパーキングあり
立地神田駅徒歩2分/岩本町駅徒歩4分/新日本橋駅徒歩4分